クリップミュージックの作詞教室

1970年代までは、作詞は作詞家が、作曲は作曲家が行うことが一般的でした。その後、作詞と作曲を自分で行うシンガーソングライターが多くなってゆきました。

詞を先に書いて曲を付ける方法が、詞先(しせん)と言い、その逆が曲先(きょくせん)と言います。以前は詞先が一般的でしたが、最近は曲先が多くなっています。

AKB48の作詞で秋元康さんは、曲先で2000曲ほど聞くそうです。「恋するフォーチュンクッキー」はイントロを聞いて詞が思いついたそうです。

クリップミュージックの作詞教室はカラオケ店で楽曲を簡単に確かめられるのが特徴です。

次の会場で作詞教室を受け付けています。

お気軽にお問い合わせください。0120-959-349受付時間 11:00-19:00 [ 平日 ]

お問い合わせお気軽に連絡ください。