日常会話と歌声のちがい

思いつくままの第4回はこれで(笑)。このテーマも重要なものになるのですが、通常の話声では歌ってはいけない・・というような事が良く言われていると思います。

ジャンルであったり表現的なものを除けば、それはそうなのだけれども、通常会話と歌声って、一体何が違うんですか??と言えば、それこそ懸垂筋が動いているかいないか・・・の差なんですね。

日常会話では使わない

日常会話で喉頭懸垂筋が動いている・・という事は、まず無いと思って戴いて良いです。(意識して使えば別です。)逆に言えば、日常的に喉頭懸垂筋を使っていないからこそ、いざ歌おうと思っても中々上手く歌えないわけですし、練習しようとしても、最初は中々上手く行かない事もあるんです。今まで殆ど動かしたことのない筋を使うわけですから。

しかし、ほんの少しでも懸垂筋が動くようになり、生理学的に発声器官全体が機能してくると、今までイメージはしていたが、実現できなかったこと・・・が段々と出来るようになってきます。

歌がもともと好きな人で、自分には才能がない・感性が良くない・・と思っている方の多くは、単にイメージを再現出来ていないだけ・・という事が多いのです。

発声器官にかかっている鍵をまずは解いていく。そしてどんなセンスが自分に眠っているのか。それを探求する旅のようなものなのです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。