ボイストレーニング 声種の違い

声種というのは、地声・ミックス・裏声・・といった、声のバリエーションのことですが、これらの違いは何から生まれるのか?というと、声帯に加わるテンションの違いです。

テンションが高めの方から、地声>ミックス>裏声・・という感じになります。歌声において声帯のテンションをどれだけ強められるかは、個人差が大きい・・と言われています。それ故、例えば高音域を地声的に歌う・・というのは難しいのです。(これを無理やりやると、喉声のようになる。)

逆に言えば、地声では出せない高音域も、さほど強いテンションが必要ではない裏声ならば出しやすい・・・という事になるでしょう。

この辺の構造から、裏声に入る前あたりの中高音域を、地声と裏声の中間のテンション=ミックス(この呼び名は、あくまで音の印象から来たものでしょう。)で歌えると良いわけなんですが、中々感覚を掴むのが難しいものでもあります。

しかし、ポップスはこの辺りの音域を良く使う・・というか、むしろそこだけ(笑)という曲も多々あると思いますので、この中間的テンションの感覚を掴む・・というのが非常に大きなテーマになるのです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。