裏声もつかいましょう

裏声をあまり積極的に使わない(というよりも、出した事自体あまり無い)方は意外に沢山いらっしゃるのですが、実はこの裏声を使って練習する・・というのは凄く重要なのです。ミックスの感覚にもほぼ必須と言っていいでしょう。

かつての裏声イメージ

かつては、裏声(仮声)を使ったらちゃんと声が出なくなる・・と言われていたようですが、喉頭懸垂筋を機能させた状態の裏声であれば(きちんとプレーシングを行った裏声であれば)、全く問題ない。それどころか、声帯の伸展を促す上で、非常に良い練習となる・・・という事になったのです。

個人的見解を加えると、声種は声帯のテンション差で生じるものですので、とりあえず裏声で変に負荷をかけることなく、基礎的なプレース等を練習して行き、徐々に声を強めたければ強めていく・・・という方法が安心感があり、良いように感じます。(まあ、個人的には、時に敢えて無茶をやって、適切な感覚を見つける・・みたいなことはやりますが(笑)。

バランスが大切

ただし、これも良く言われていますが、裏声なら裏声ばかりをやっていると地声が出なくなる、あるいは地声ばかりをやっていると裏に入れなくなる・・というのは事実として存在するでしょう。こういった現象を、機能特化といいます。

つまり、バランスなんです。

何か一つに偏ることなく、色々な声種(=様々な声帯のテンション)であったり、アンザッツを万遍なくやっていく。バリエーションの多い運動を発声器官にさせていく。いつも同じことをやっているより、その方が断然良い運動になるというわけです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。