実際の歌で、プレーシングをどう使うか

プレーシングを練習だけではなく、実際に歌う際にどう活かすと良いのか・・・ですが、曲としては、ゆったりしたロングトーンが多いような曲が、やはりやりやすいですね。逆に、メロデイのリズムが細かく、早口系(笑)というのか、忙しい曲はちょっとやり辛い。

基本的な各アンザッツをきっちり練習

しかし、そういった忙しい??系のものでも、基本的な各アンザッツをきっちり練習してからやると、懸垂筋が下地として働くようになるので(個人差・コンディションによって作動率みたいなものは変化します。)、特にどこにプレース・・と強く意識をしなくても、スムーズに行く場合が多いですね。

常に懸垂筋がしっかりと喉頭を支えてくれる

慣れてくると、常に懸垂筋がしっかりと喉頭を支えてくれるようになりますので、高くて出し辛い部分だけ、特にプレ―シングを意識する・・と言う感じのコントロールでも、十分以上の効果があると思います。

絶対に必要な練習

クラシック系では、より響きを得る為に徹底的にアンザッツを行う事になりますが、
ポップス等そこまで響かせるわけではなくても、基本的な発声器官の調整という
意味がありますので、絶対に必要な練習となるわけです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。