プレーシングは全部練習しましょう。

プレーシングには、好みがあったり、あるいは得意不得意が出やすいものです。

歌う場合には、自分が得意なものを中心にして行っても良いのですが(ただし、そればかりを
長期間に渡って行うと独自の危険性が生じます。)、
「練習としては、全ての場所をやっておくべき」なのです。

なぜなら、プレーシングのうち、喉頭懸垂筋が作動するものは、
「ある懸垂筋を動かすためには、その協力相手となる懸垂筋も
動いていないと上手く行かない」・・といった構造があり、

「基本5種の懸垂筋がバランス良く喉を支えているからこそ、
声帯が上手く振動できる=声が出やすい」・・という事になるのです。
(この状態になると、実はさほどプレースを意識しなくても、自然に上手く出るようになって行きます。)

まあ、練習のコツとしては、

とりあえず全部の場所を行い、不得意なもの・歌う際にはあまり使わないものを
ちょっと重点的にやっておくと良いでしょう。

以前にも書いたと思いますが、プレースは
「響きを得る為に行う一種の歌唱法」・・というより、
「発声器官の下地調整・練習に最も重要な基本要素」・・と考えた方が良いものなんですね。
(それが上手く行くと、独自の共鳴感が得られますよ・・ということです。)
こういった理由から、さほど響きの必要のないポップスなどでも、「基礎として」
きちんとやって行く必要があるわけなのです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。