間違ったトレーニングと伸びないトレーニング

歌うことと、ヴォイストレーニングは、その目的が違います。これを混合しない事が大切です。

自分の体を楽器とする

ヴォイストレーニングは自分の体を楽器とするイメージですので、スポーツに近いイメージになります。声の部分で完成度を高めることと歌を作品にしていくという事は違うわけです。声を使いこなせるように鍛え伸ばしていくことと、歌の中で上達していく事は最初は矛盾するものです。

声の器を拡げるために

ヴォイストレーニングは声の器を拡げるために行います。そこに言葉はもちろん、音感、リズム感、そして音楽が宿る所まで拡げます。そのために声をコントロールし歌っているときに、声に関して全く気にかけなくても済むようにヴォイストレーニングをやる事が必要なのです。声が正しくつかわれているかの判断は難しいものです。

声をさらにパワーアップ

自分のベストの声をさらにパワーアップして使いこなせるようにしていくことが必要です。それには、信頼できるヴォイストレーナーにつく事をお勧めします。

参考図書
「ヴォーカルトレーニング」
著者 福島 英

この記事を書いた人

三浦 修平経営企画 マーケティング / コンサルティング
東京出身です。マネージメントと財務を担当しています。