ボイストレーニングの基礎知識

ボイストレーニングとは

ボイストレーニングとは、歌声や話し声に関して人それぞれに合った発声法を実現するためのトレーニングです。

「声を出す」こと、発声の全般について考えながら行います。喉・舌などの使い方を訓練することや、発音の訓練なども含まれます。

また、声は生身の体から出されるので、ストレッチなどの身体面のトレーニングも行います。

さらに、声の響かせ方についても重視しています。

発声練習と実践

【発声練習】

主に、ストレッチと腹式呼吸のことを指します。

ストレッチ

  • 首周りのストレッチ
  • 喉の内側のストレッチ
  • 表情筋のストレッチ
  • 肩、お腹のストレッチ

運動をする前に柔軟体操が必要なのと同じように、声を出すときにも必要なストレッチがあります。

声の高さや、声質を変えるためには、喉の筋肉の繊細な調整が必要です。 ストレッチをすることで、筋肉をほぐすことができ、声をコントロールしやすくなります。

腹式呼吸

腹式呼吸とは、一般的には胸郭(ろっ骨などからなるかご状の骨格)をなるべく動かさず、おうかく膜を上下に動かして行う呼吸のことをいいます。一方ラジオ体操の深呼吸のようにろっ骨を大きく広げて息を吸う方法を胸式呼吸(きょうしきこきゅう)といいます。

ボイストレーニングにおいては、声を良く出すために腹式呼吸が取り入れられています。

おうかく膜を大きく動かすと、腹腔が変形し、腹が前方へ突き出ます。これが、腹筋をはじめとする全身の筋肉の弛緩を促し、更に内臓への刺激ともなることから、様々な健康法などと結びついています(ヨガなど)。

その他の基礎練習

リップロール、タングトリル、ドッグブレス、ハミング、音程トレーニング、リズムトレーニングなど、様々な基礎練習を行ないます。

口の周りの細かい準備運動や簡単な声出しを重ねて行うことで、歌うための土台を築いていきます。

【実践】

主に、歌唱指導、話し方指導のことを指します。表情、表現、リズム感、テクニックについてのトレーニングをします。

歌唱指導

[指導例]コピー歌唱トレーニング

原曲を聞きながらテクニックを真似していくトレーニング方法で、プロの歌唱テクニックのクオリティをそのまま体験していくトレーニングです。

話し方指導

[指導例] 深い呼吸とテクニックを交えて話すトレーニング

  • 母音・子音を丁寧に発音する

<例>みぃなぁさぁん!

  • ナ・マの頭に「ん」を付ける

<例>んなんと!、そのんまんまなんですね~!

  • カ・サ・タ行の子音をしっかりとする

<イメージ>ローマ字に例えると…kkkrasu(からす)、sssakura(さくら)など

クリップミュージックでは

発声練習と実践をレッスンの中で取り入れています。個々に合わせてバランスよく行うのと同時に、どちらか片方だけを徹底的に!という要望にもお応えしています。

また、全国のJOYSOUNDのカラオケ店でレッスンができるため、歌いたい曲に即座に対応することができます。カラオケ好きな方には一番の実践練習の場となります。

  • 歌がうまくなりたい
  • 声を出してストレスを発散したい
  • 話し方を学びたい

という”声”に関する要望から、

  • ストレッチをすることで健康を維持した い
  • 腹式呼吸をしっかりしてリラックスしたい
  • 自信が持てるようになりたい

という身体面やメンタル面に関しての要望にもボイストレーニングを通じて お応えしております。

教室を探す

この記事を書いた人

竹下 陽一経営企画 マーケティング / コーディネーター
インドネシア出身の帰国子女。マネージャーとして奮闘中♪