歌唱における呼吸法とは

誰でも子供の頃から、歌を歌ってきています。もちろん、呼吸法などまったく考えなかったはずです。

それが歌をうまく歌いたい、良い声を出したいと意識した時に、まず考えることは何でしょうか?

まず思いつくのは、よく言われている、お腹から声を出すということです。
お腹から声?よくわからない。

そこでさらに思いつくのが、腹式呼吸という言葉です。だいたいこのような思考経路から、呼吸法を考え始めるのが、大多数です。

自然呼吸

私たちは、普段ほとんど無意識に呼吸しています。寝ているあいだも、正しく呼吸はされています。

呼吸は息を吸うときに、反射的に肺の周囲が拡張することによってなされています。

肋骨の部分を中心に、横隔膜が下がることによって、肺の下部も広がります。

腹式呼吸の問題点

お腹を意識的に膨らませて息を吸い、へこませて息を吐く呼吸を、一般的に腹式呼吸と呼んでいます。

横隔膜は、意識的、無意識、両方で使われる筋肉です。

本来自然の横隔膜の作用で肺の下部が広がる呼吸の一部分を、意識的に横隔膜を使い、その部分の拡張だけで呼吸をしようとするものです。

正しい呼吸法とは

呼吸を胸式、腹式のふたつに分類されることが一般的ですが、どちらも呼吸の一部分でしかありません。

息を吸うとき、反射的に肺の周囲が広がる力が、常に働いています。この作用が、妨げられない自然呼吸が、正しい呼吸法と言えます。

拡張部分を意識するとしたら、肋骨の横が中心になります。

姿勢と呼吸の関係

通常の姿勢で、息を止めたまま、極端に猫背にして、息を吐いてみて下さい。

大きく息が抜け、呼吸が浅くなるのが実感できると思います。

良い姿勢による深い呼吸が、特に声楽では響きを決定する重要な要素になります。

良い姿勢を得るには

意識的に背筋を伸ばそうとすると、反り腰になったり、肩に力が入って、つっぱった状態になりがちです。おへその下に手をあて、腹式呼吸を意識して歌う人がよくいます。

同じようにして、おもいきり背筋を伸ばすようにしてみてください。まったく伸びないはずです。手を放せば伸びますね。

それは手の置き方、組み方と背筋伸びは、密接な関係があるからです。この原理に基づいて簡単な方法でより良い姿勢を得ることが出来ます。

発声と筋力トレーニング

声を使う職業、アナウンサー、俳優、声楽家など、声のために、ジムに通う方が多いです。

それは漠然とでしょうが、姿勢の発声への関わりを感じてのことだと思います。

最近、体幹トレーニングという言葉よく聞きます。

テニスで錦織選手の、腰が入ってラケットの面が遅れて出てくる感じの強烈なショット、体幹が効いているという表現になります。

発声の姿勢、スポーツの基本姿勢は共通性があります。

どのようなトレーニングが有効か

腹筋など、筋力を高めても声はかわりません。良い発声フォームに導くための体幹トレーニングが有効です。

トレーニング種目のうち、何を選び、どのようにおこなうかが、ポイントになります。

講師|杉田 輝夫(すぎた てるお)

講師|杉田 輝夫(すぎた てるお)

丁寧に正しい発声法をご指導いたします。シャンソン、ジャズ、演歌など幅広いジャンルに対応します。

プロフィール

武蔵野音楽大学 声楽科卒業。オペラコンサート、サロンコンサート等多数出演。音大受験生、劇団オーディション志願者等に声楽の指導を行う。

発声は、フォームと声の関係について研究を重ねたものを伝授します。レッスンは、個人に合わせた、適切な姿勢と正しい呼吸法、声のコントロールの基本を、わかりやすく指導いたします。

日本には様々な歌があります。民謡から唱歌、童謡、歌謡曲、外国の愛唱歌等、ジャンル、時代を越えて広く歌われてきた癒しの歌、これら抒情歌と呼ばれている歌を中心にレッスンします。

心に刻まれた歌を、自由に表現できるよう指導いたします。

レッスン科目
  • ボイストレーニング
  • カラオケレッスン
  • 発声練習
  • 声楽レッスン
  • 音大受験声楽レッスン

料金タイプC

レッスンは次の会場で受け受けています。

  • 大船駅 南口より徒歩2分
  • 藤沢駅 南口より徒歩3分
  • 茅ヶ崎駅 南口より徒歩10分
  • 平塚駅 西口より徒歩3分
  • 小田原駅 東口より徒歩1分

キャンペーン終了後でも大丈夫です♪

キャンペーンは、教室会場で講師がレッスン可能な都合の良いタイミングを掲載しています。

日程が合わなくても、受付終了していても、お問い合わせ頂ければ日程調整いたします♪