声の共鳴についての勘違い

良い声と感じた話声、歌声はどのように響いていると感じますか?

よく言われている表現です。

  • 体全体から声が出ている
  • お腹から声が出ている。
  • 頭に声が響いている
  • 鼻に共鳴している。

これらはすべて正しいと言えますが、しかしあくまでも感覚的な表現としてです。

実際に

  • 声は体全体に響きますか?
  • お腹から声が出ますか?
  • 頭から声が発せられますか?
  • 本当に鼻に声が響いていますか?

例えば女の子が何かに驚いて突然キャーと叫んだとします。側にいた人が「あんた頭のてっべんから何という声を出してるの!」と言います。

感覚的な表現としては頭のてっべんから声が出ているというのは正しいですが、実際に声が出ているのは口からです。

発声法における勘違い

感覚的な表現と物理的な事実を混同してしまうごとにより様々な発声に関しての勘違いが生じます。

共鳴腔が大きければ豊な響きが得られるとよく言われているます。

その理屈でいけば、バイオリンの胴体を大きくすればよりよい音になることになってしまいます。

楽器にはその音域等から最適な大きさがあるのです。

そもそも発声における共鳴腔とはどこなのでしょうか?

声は楽器と違って言語の発音を伴った響きとして発せられます。

この事を考えればどこで声(響き)がつくられるかは明らかになります。

言語は子音と母音でなりたっています。発声法でいう声の響きは母音の発音ということになります。

a e i o u の母音は, 上顎、舌、口の形からつくられます。したがって、声の共鳴の場所は舌と上顎、唇がつくる空間のみということになります。

声は一方通行ですから他の部分に共鳴してからということはあり得ないのです。

一番多い勘違いは

鼻腔共鳴に関してです。

響きが豊な声は上顎の前方の上歯の上の部分の響きによってつくられます。これは全母音共通の共鳴ポイントです。

この部分は鼻の裏側に位置するため感覚的に鼻に共鳴していると感じるのです。

顔面から声が出ているというのもこの勘違いです。この勘違いから意識的に鼻に空気を送り鼻声になってしまうことも多くみられます。

声楽のレッスンでは非科学的な感覚表現が優先されそれがむしろ有効なのですが、それだけでは発声法には結びつきません。

発声法とは正しい感覚的なことを実際の声の響きとして実現する方法です。

感覚的なものと実際にはどうなのかを合わせて考える必要があります。

まとめ

声は響かせようとして響くものではありません。

何が声の響きを決定しているのかを知ることが本当の発声法につながるものです。

気になったら杉田講師を受講してみる

小田原、平塚、茅ヶ崎、藤沢、大船でボイストレーニング、カラオケ教室をしています。受講者募集中♪

時間と回数の自由度が高いレッスンが特徴です。