カラオケ採点

クリップミュージック事務局 三浦 修平さんのインタビューをお届けします。聞き手は松岡 将也です。

カラオケ採点

カラオケ採点はよくやるのですか?

はい、最近カラオケ採点が凄く精密になってきていると思います。

昔のカラオケ採点とどう違うんですか?

昔はある一定の音程が乱れず歌っていれば高得点が取れる程度のものでした。今のカラオケ採点では、正確なピッチはもちろんのこと、リズム、ビブラート、しゃくり、など様々な技術を正確に採点してくれています。

テレビとかでもやってますよね

はい、カラオケ採点バトルのTVなどもあり、人気の凄さがうかがえます。カラオケ採点のバトルはどっちも完ぺきといっていいほど上手いです。しかし、得点にかなりの差が出たりします。総合的な審査なので、音程が正確でも、抑揚がないと得点が伸び悩んだり、。逆に多少音程が外れても、ビブラートやしゃくりを多く入れることで高得点を狙える事もあります。

そうなんですね。確かに僕もカラオケ行くときは、必ずと言っていいほどカラオケ採点をします。

私たちの生徒さんの中にもカラオケ採点でいい点数が取りたいとおっしゃる方もいます。一人カラオケも人気の今、目に見える形で評価があるというのもいいことかもしれません。

点数がよかったときは嬉しいし、ついつい友達にも自慢しちゃったりしますよね。

そうですね、仲間同士でカラオケ採点をきそう、己の技術向上のサポートにする。高得点を取るために歌う。ひとえにカラオケ採点といっても用途は様々なようです。

私も、いろいろ試そうと思いました。本日はありがとうございました。
教室を探す

この記事を書いた人

松岡 将也経営企画 マーケティング / コーディネーター
岐阜の出身です。マネージメントを担当しています。