ボイストレーニング 喉声の構造

気をつけようと思っても、どうにもこうにも喉声っぽくなってしまう・・という事が、人間良くある(汗)と思いますが、一体全体何がどうなると喉声になってしまうのか・・その時、発声器官では何が起こっているのか・・簡単に(難解に??汗)まとめてみたいと思います。

喉声の原因

誰しも自分の限界高音域では喉声になりやすい・・わけですが、根本的な喉声の原因というのは、「自分の限界高音時に、声帯を十分に伸展させた状態で閉鎖させることが出来ない・難しい」・・という事になるんです。

声帯がきちんと閉じなければ、上手く音にならない(声が上手く出ない)ので、人間は無意識で声帯を閉じようとします。その際に、実は声帯が伸展していると都合が悪い(笑)ので、プレースなどは行わず(喉頭懸垂筋を作動させず)、舌で喉を引き上げ、口や顎などに異様な力みを生じさせることによって、反射性的に声帯に過剰なテンションを与え、声門を閉じようとする。

そうすると、声帯のごく一部のエリアのみが辛うじて閉鎖するようにはなり、音が出るちゃア・・出る(笑)。しかし、その音は非常に苦しげで、ゆとり感や響きのようなものは一切無く、ピッチはフラット、音量も相対的に小さい。

ただ、非常に苦しい努力の結果、それが出るようになった・・・という、一種の成功体験というのか、達成感があるわけでして、そのせいで、これが自分の歌い方・個性・スタイル。・・と誤解してしまうんです。私にもそういう時期があったので、良くわかるのです(笑)。。

まあ、そういった喉声であっても、時に音としては面白かったり(酷い事のほうが多いけど)、他の人にはなかなか出ない音域だったりすると、周りの評価というものは得られます。それで、これでいいのだ・・・的にやり続けてしまうと、元々無理無茶な事をやっていますので、遂には声帯ポリープできちゃったとか、そういうことに繋がるわけです。

というわけで、喉声を防止・排除するにはどうすんべ・・・というと、

喉声を防止するには

「限界高音時に、声帯が十分に伸展した状態で、きちんと閉じれば良い」・・んです。それには、声帯内筋(声帯内部の筋繊維)の神経支配を徹底的に高めていく必要があります。「声門の完全閉鎖」なんて言い方をしますが、実はこれが、通常の楽な音域でも難しい・・というか、コンディション次第で上手く行かなかったりするものなのです。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。