ボイストレーニング 気をつけるべき息の使い方1

多くの人がやってしまいがちな、大げさに言えば、ちょっと危険な息の使い方・・・というのがありまして、

「息をとにかく沢山吸い込んで、力任せに声を出す」

こういったやり方を呼気圧迫と呼ぶのですが、確かにこれを行うと、声量を稼ぐことは出来ますし、ある程度までなら高音も出せるんです。

ボイストレーニング 気をつけるべき息の使い方

声帯にダメージを生じやすい

しかし、その引き換えに、声帯にダメージを生じやすかったり、結局は声帯自体の微妙な感覚(神経支配)を失う事に繋がります。

私の経験でいうと、呼気圧迫的に限界高音を狙った場合、出るには出るが、その後約一か月程度は限界域が出なくなり、同時に喉もかなりおかしくなった・・という事がありました。

呼気圧迫は、声帯を「受動的」に、無理やり息の力で振動させるようなコントロール・・と言っていいでしょう。そうではなく、変な言い方ですが、声帯が「能動的」に振動するように練習して行く必要があるのです。
(特に限界的な高音域においては、絶対に必要。)

要するに、「息でけしかけられなければ上手く振動できない声帯」ではダメなんです。「自分からやる気になっている声帯」(笑)でないと、限界高音に限らず、歌は中々上手くはいかないものなのです。

気になったら教室を探してみる

神戸、大阪、名古屋、神奈川、東京、千葉、埼玉のカラオケ店などで音楽教室をしています。受講者募集中♪

自由度の高いレッスンと内容が特徴です。