自宅で出来るボイトレ練習法

良くご質問を受けるテーマなのですが、実は結構難しいテーマなんです。

というのも、要するに音の問題がありますよね。声量的にレッスンやスタジオ練習、カラオケなどで歌うようにはどうしても出来ないわけです。

ご近所様の目(耳??)があるので、誰しも無意識でセーブすると思います。これが・・・

ちょっとマズイわけなんです。

音(声)が出せる環境で、気分良くというのか、何にも遠慮することなく発声器官を動かす・・という事が練習には非常に重要なのですが、自宅で周囲に気を使いつつ練習・・となると、無意識のうちに発声器官の生理学的な働きをスポイルすることになりかねないのです。

これが変な癖のような感じになってしまうと、いざちゃんと歌おうと思っても、上手く声量が出ないとか、懸垂筋がスムーズに動かない、発声器官全体が何かヘン・・・

という状態に陥ってしまう。中途半端なコントロールをしていると、その感覚(神経支配)にいつのまにか自分がとらわれて行ってしまう・・・

という事になるんです。・・ま、そういう場合でも、例えばカラオケ屋さんで歌うのであれば、一杯ひっかける(未成年者はだめですけど。)と、感覚が蘇ってくることでしょう。。。(いいんかそれで。笑)

お勧めの練習法

そんなわけで、私がお勧めする自宅でも出来るボイストレーニング練習・・は、ハミングや軽く歌う程度で良いので、基礎的なアンザッツをやっておく・・という事でしょうか。その程度でも十分と思いますし、やらないよりはやっておいた方が、やはり良いです。

ハミングや鼻歌でも、意識を集中させれば、発声器官がどう動いているか、どこに弱い部分があるか・・は分かりますので、コンディションの維持的にやっておく。また、曲を覚えたり、音程や正確なピッチというものを把握する時間にあてるのも良いでしょう。

この記事を書いた人

高野 卓也ボイストレーナー
大宮の教室を担当しています。