腹式呼吸と練習方法

腹式呼吸をイメージしてみる

呼吸を箱の中で風船を膨らませている状態に例えるなら、その箱自体が大きければその分空気は沢山はいるわけです。

肺を最大限に使うためには横隔膜をしっかり下げて呼吸をしっかりしなくてはいけない事が分かります。

呼吸を感じでみる

それでは実際に横隔膜の動きや腹式呼吸など一連の動きを感じてみましょう。

横隔膜自体の動きをみるのは無理ですが、腹式呼吸の感じをつかむのは実はとても簡単なんです。

仰向けに寝ておなかに手を置いてゆっくりと呼吸すると、お腹が膨らんでくるのが分かりますね。

またうつぶせに寝て腰に手を置いて呼吸すると、それらがゆっくり動くのも確認できるはずです。

これが腹式呼吸をしている状態で、歌う時に理想とされる深い呼吸を人間は自然にやっている事だということが分かりますね。

この状態が立ち上がっても自然に作れる事が理想なのです。

お腹の周りの緊張を緩めることをつかんでさらに横隔膜を意識的に動かせるようにトレーニングしていくわけです。

腹式呼吸トレーニング

寝て深呼吸の感じがつかめたら次に座って上半身を前に倒して力を抜きそのまま深く呼吸してみましょう。

次に真っ直ぐ上半身を起こして呼吸してみてください。同じように腹式で呼吸出来ているのを感じれますか?

最後に立ちあがって同じ感じをつかめるまでやってみましょう。

この記事を書いた人

三浦 修平経営企画 マーケティング / コンサルティング
東京出身です。マネージメントと財務を担当しています。