実は音痴ではない・・?

自分は音痴なんで・・・という方が結構いらっしゃるのですが、実際には音痴ではない(音程は合っている)・・という事が多いのです。

実は音痴ではない

音痴の原因とは

そういったタイプの方が、なぜ音痴だと思ってしまうかというと、ピッチなんです。

ピッチというのは人によって微妙に異なったりするわけですが、自分を音痴だと誤解してしまう方は、子供の頃にピアノをやっていたりして、440ピッチの感覚(必ずしも絶対音感というわけではなく、絶対ピッ感・・とでもいうべきもの?)が身に付いている人が多いのです。

その為に、自分の声がそこに届いていないと、音痴だと思ってしまう・・・という事なのだろうと推測しています。

ピッチとは

ピッチというのは、早い話が声帯の振動数です。例えば、440Hzを出したくても、438Hzになってしまうとしたら、単純に2Hz分振動数が少ないというだけの話です。

つまり、これって声帯や発声器官全体の筋機能や神経支配の問題なんです。ということは、きちんと生理学的に正しく練習していけば、ピッチは比較的簡単に上がって行くものなのです。

良く、額に響かせるとピッチが上がる・・・と言いますが、額に響くからピッチが上がるのではないのです。

額へのプレーシング(アンザッツ5といいます。)を行うことで、喉頭懸垂筋が働き、声帯が振動しやすくなり(勿論個人差やコンディションによって効果は異なる)、ピッチが上がるのです。

まあ、ピッチ・・はジャンル的なものもあるので、何から何まで440がいいというわけではないと思います。

例えば、最近のクラシックやミュージカルは、441や442を使うことが多いです。ブルース・ジャズはフラットピッチの方が味があるでしょうし、ロックなんかもフラットピッチで地声的だったり、掠れまくった感じ(笑)のがいいんじね???・・・みたいのはあると思います。

ただ、あくまで一つの基準として、歌い手は440ピッチというものは、出ても出なくても、感覚として自分の中に持っていた方が良いと思います。

皆さまの要望にいかに役立つかを考えています♪

神戸、大阪、名古屋、神奈川、東京、千葉、埼玉のカラオケ店などで音楽教室をしています。受講者募集中♪

自由度の高いレッスンと内容が特徴です。気になったら気軽にお問い合わせくださいませ。