クリップミュージックは、ボーカル教室、カラオケ教室、ボイストレーニング、話し方教室、ギター教室、作詞作曲教室と、音響の仕事を幅広く行っています。
clipニュース

タグ : 高野 卓也

ボイストレーニング大宮駅東口より徒歩5分

クリップミュージック大宮の教室は、JOYSOUND大宮東口店と大宮西口店でボーカル教室、ボイストレーニング教室、カラオケレッスン、発声練習、話し方レッスンをしています。 講師は、高野卓也と明日香が勤めます。普通にカラオケ …

自然歌手論。

「自然歌手」・・聞きなれない言葉と思いますが、 某フレデリック・フースラー氏の著作を、要約というか超意訳??(汗)すれば、 早い話が天才(笑)。基礎的な練習(アンザッツ等の生理学的なもの)を 何一つやったことがないが、 …

ソプラノ低音力み問題。

これはどういう事かといいますと、元々ソプラノで、高音域の方が出しやすい方が、 ポップス等を歌う際に、無理に低い音を出そうとして力んでしまう・・という事なんですね。 結構、この問題に悩んでいる女性は多いのでは??と思います …

変声期推論。

変声期というものが何か引っかかり、ちょっと推論してみました(笑)。。。 子供の頃は、声帯が短いので意識しなくても高音が出る。→ 変声期を過ぎ、喉頭が成長し、声帯が長くなるので、「子供の時の感覚そのもの」では 高音が出なく …

プレーシングは全部練習しましょう。

プレーシングには、好みがあったり、あるいは得意不得意が出やすいものです。 歌う場合には、自分が得意なものを中心にして行っても良いのですが(ただし、そればかりを 長期間に渡って行うと独自の危険性が生じます。)、 「練習とし …

ボイストレーニング 喉声を脱却

喉声を何とかしたいのだが、どうにも上手く行かない・・という方は多いのではないかと思います。 どうして喉声になるのか まず、どうして喉声になるのか・・というと、大体以下の2点が大きな理由となるかなと。 1.高音をかろうじて …

上手く歌えた後の疲労

発声器官の疲労・・これは、幾ら「生理学的に正しく」歌っていても、どうしても起ってしまうものです。(ちなみに、「正しい歌い方」というものが存在するとすれば、それは、「生理学的に正しい」か「正しくないか」の差でしかないでしょ …

歌声のトラブルについて

歌声のトラブル・・というと、多くの方が声帯ポリープをイメージされると思います。私は幸いにして、その経験はないのですが、(一時期、呼気圧迫ドカン超絶歌唱法???で限界高音を狙っていた時期はかなり危なかったですが、それがあっ …

声帯から見る限界高音域における難しさ

自分の限界高域というのは、誰にとっても難しいのですが、それには様々な理由があります。 練習して行く上で基本的にはプレース等を駆使するのですが、声帯の領域から見ると、限界高音域では、声帯に加わっていた適切なテンションが、一 …

ボイストレーニング 呼吸について

厳密論で言うと、呼吸というものは相当難しいものになるのですが(汗)、歌唱において適切な呼吸を考える上で、「筋筋調整呼吸調整」の法則というものを避けることはできないのです。 筋緊張性呼吸調整とは 簡単に言うと、 吸い込んだ …

1 2 3 »

お得な情報をLINEで受け取る

トーク、LINE電話も可能になっています。


①スマホやタブレットからのみ下記のボタンを押して友達追加してください。

友だち追加数


②PCの方は以下のIDを入力して友達追加してください。

@lpp0638d


③このQRコードをLINEのQRコードリーダでスキャンして友達追加してください。

イベント予定表

イベント日程は変更になる場合があります。詳しくはお問い合わせください。
予定表

QR Code

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

PAGETOP
Copyright © クリップミュージック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.